車の暖房でエアコン(A/C)使うとか効かない原因とか

車の暖房でエアコンを使うとか使わないとか

寒くなってくると当然車で暖房(ヒーター)を使う事になるわけですが、エアコンのA/Cボタンを押して使うのか使わない方がよいのかという話が出てくることがありますね。

私はエアコンを作動させます。暖房なんだから使わなくていいんだよって言っている方もいるのですが使った方が良いと思います。なんでかって言うと除湿をしてくれるからです。

車の室内を暖めるだけなのでA/Cボタンは押さずに燃費を稼いでいこうと言う事なのでしょうが、ガラスは必ず曇ってしまいます。デフロスターから風を出せば解決出来るものでもないですし、頭だけ温まって危険じゃないかと思います。

暖かい空気は上に溜まりますよね?足元から温めた方が断然効果的に温まると思います。

エアコンONで燃費を気にするのであればエアコンの添加剤をブチ込めば随分と改善できます。ハイブリッド車みたいに電動コンプレッサーは別ですが。

エアコンの添加剤についてはこちらをご覧ください。

曇ったらエアコンスイッチを入れればよいわけですが、正直面倒くさいですよね。好きなら切り替えればよいと思いますが、どれだけ燃費に影響しているのかという視点からも面倒くさいです。

また、たまにしか乗らない場合もエアコンスイッチはオンがお勧めです。適度に使った方が案外壊れにくかったりしますので。

車の暖房が効かない原因

車の暖房が効かない原因は何種類かあります。最近は少なくなったかもしれないのですがサーモスタットの不具合で起こる場合。ヒーターコアの不具合。ブロアモータ―の故障。ミクスチャーダンパの不具合。

一般的に思いつくのはこれぐらいかな。

サーモスタットの不具合についてはエンジンの冷却水の温度が十分に上がらないことが原因。サーモスタットはエンジンの冷却水の温度を自動で調整する部品。ラジエータに送る冷却水の量を調整しています。冷却水の温度によって開いたりしまったりします。

なので、不具合を起こし冷却水が流れっぱなしの状態になってしまうと当然ながら水温は上がりません。ラジエータで過剰に冷やされてしまう為ですね。

車の暖房は熱くなった冷却水利用しますので、冷却水の温度が上がらないなら、当然効きが悪くなってしまいますよね。

ヒーターコアの不具合の場合。このヒーターコアは室内の運転席と助手席の間の足元に在ります。ヒーターコアを通る空気が温められることで暖房が効きます。

なので、ヒーターコアに不具合が起こると暖房は効きません。

エンジンブロックが鉄製だったころは冷却水(クーラント)のメンテナンスが良くないと錆が発生し、ヒーターコアを目詰まりさせることがあり、その結果当然ヒーターコアには冷却水は流れません。

流れないので当然暖房は効きませんよね。この場合ラジエータも詰まっていることが多いです。水路全体が終わっている感じです。

アルミ製のシリンダーブロックが多いこの頃は錆による目詰まりは皆無と言えますが、なぜか詰まる車があります。ヒーターコアの詳しい作りは分からないのですが、半分だけ暖かい不具合に遭遇したことがあります。

運転席の足元だけ寒いという残念な不具合でした。

ブロアモーターの不具合の場合。風が出ないので当然暖房は効きません。外気導入の場合はほのかに暖かいです。意味無いですが(笑)

ミクスチャーダンパーの場合。ミクスチャーダンパ―っていうのは冷たい風と温かい風の割合を決めている蓋です。温度調節レバーを動かすと動きます。

ワイヤーで直接動かすものとアクチュエーターで駆動するものがあります。アクチュエーターはモーターと思って下さい。

ワイヤーが外れるとかアクチュエーターが動かない場合、温度調整が出来ないので冷たい側で止まってしまうと暖房は当然効きません。アクチュエーターの場合そのものが壊れているかコンピューターとか電気信号の関係かで修理費用も変わってきます。

でも、アクチュエーターの故障がほとんどです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする