Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

スーパーレジンポリッシュ(オートグリムの高性能コーティング剤)

オートグリムから販売されている、スーパーレジンポリッシュは時々自動車を磨くことで、簡単にボディの塗装面のキメが整い、スッキリと汚れが取り除けてしまいます。



また、汚れを取り除けてしまうだけでなく、特殊配合されているレジンの効果で見とれてしまうほどの艶と輝きを放ちます。さらには強固な皮膜が同時に形成されるので、大切な車を守ってくれます。



私も愛用していますよ。使いやすさも良いです。



世界中が認めるスーパーレジンポリッシュ(SUPER RESIN POLISH)はクリーナとしての効果が高く、極めて美しいツヤを出し、あなたの車を保護する効果を併せ持っています。

オートグリムのスーパーレジンポリッシュの特徴

オートグリムのスーパーレジンポリッシュは、誰でも、モーターショーの輝きが素早く簡単に、そして安全に手に入ります。それは、2つの相反する要素を高いレベルで実現しているからなのですが、その相反する要素とは



1.塗装表面の平滑化と汚れの除去
2.塗装表面の保護



の2点です。オートグリムのスーパーレジンポリッシュはこの2点を素人のあなたであっても簡単に実現してくれます。


オートグリム、スーパーレジンポリッシュの使い方のポイント

1.色ムラになりにくい

ボンネットが熱いと、フツー、ムラになりやすいですよね。スパーレジンポリッシュは色ムラになりにくく、作業が簡単です。

でもやっぱり冷えている時に使いましょう



2.拭き取りが簡単

どんな状況でも、塗るのが簡単で拭き取りも簡単という謳い文句。
ということは、拭き取る力が少なくていいので、拭き取りで車に傷が付くのを極力避ける事が出来ます。
塗ってすぐ拭き取ってって書いてあるワックスは、時間が経つと拭き取りづらいからっていうのが本当のところです



3.汚れがつきにくい

水垢をはじめとする汚れがつきにくく、美しさが長持ち(^^)
電気的に汚れを吸着しにくく、融点の高いノン・リアクティブ・ポリマー・シリコンを採用しているからです。
一般的なワックスやコーティング剤はリアクティブ・ポリマー・シリコンは、視覚的にきれいな水玉を作れますがウォータースポットや汚れを吸着しやすいです。



4.キズを思い通りに、そして、安全に除去できる

ミネラルコンディショナーの働きで思い通りにキズを除去。
キズを取り除くときは力を加えながら。ゴシゴシは力入れすぎです。消しゴムを使う時のようなイメージが良い力加減だと思います。

もちろんですが、下地が見えてるようなキズは鈑金が必要です。基本的には塗り伸ばす程度の力加減で十分綺麗になります。出来るならオートグリムが提供している「パーフェクト・ポリッシング・クロス」が絶対オススメです。


コンパウンドの真実

コンパウンドのイメージは塗装に良くないイメージではないですか?でもコンパウンドが一番、最も塗装表面を綺麗にできます。オートグリムのミネラルコンディショナーなら安心して使ってもらえます。



では、どれ位削れるの?



ボディに映る、太陽などの強い光が映ると見える細かい傷を見たことがあるでしょう。あのキズは0.2ミクロン(1000分の2ミリ)程度。俗に言う洗車キズですね

スーパーレジンポリッシュはスポンジが潰れるぐらいの力で5往復で削ることの出来る厚さは約0.02~0.06ミクロン。



だから、数回繰り返すことで、あの洗車キズは消えることになりますね。ちなみに車の上塗りは45ミクロン程度と言われています。なので、全部削り取るとすると2000回ほど繰り返さないと削れないです。毎日ワックスがけしても4~5年かかります。



だから安心なんです。





自分の手でスーパーレジンポリッシュを塗りこんで行くのも楽しみですが、こちらを使うとプロレベルの仕上がりになります。実際、私もコンパクトツールのギアアクションのポリッシャーG-150Nを使って磨いています。



ギアの音が大きめですがポリッシャーによるバフ目が素人の私でも気にならないレベルで仕上がります。コストパフォーマンスも良好。是非手に入れて下さい。簡単・速いですごく綺麗になりますよ





スーパーレジンポリッシュをフェラーリにも使っている動画

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする