ヘッドライトのコーティングが剥がれる前の施工がおすすめなのですが

コーティング以外のヘッドライトの保護はコチラ

ヘッドライトのコーティングが剥がれてしまった!

樹脂製のヘッドライトが主流のこのごろですが、どうしても黄ばんだり白くなったりトップコーティングが剥がれたりとトラブルが多いのが悩みの種ですよね。

市販品でこの手のヘッドライトのクリーナーやらコーティング剤などが出回っているわけですが、満足がいくものは見つかりましたか?見つかっていればこちらのサイトに訪れることもないとは思いますが。

ヘッドライトの黄ばみ程度の軽度なトラブルの場合は大抵の商品で綺麗にすることが出来るのは間違っていません。このような軽度の黄ばみ程度であれば良いのですが。ハードコート自体に傷、剥がれの在るものはそうはいきませんよね?

だからこうしてこちらのサイトを訪れておられるのでしょう。

以下の商品はおすすめ出来ます

黄ばみ・曇り除去ジェルA液

ジェル状のヘッドライト用、黄ばみ・曇り取り液です。スポンジなどに付けて使いますが、なかなか取れない場合はティッシュなどでしばらく浸します。これでキレイに除去することがコツ。

スーパークリアコートB液

A液で汚れを落とした後にこのスーパークリアコートを塗りこみます。耐久性は2から3年となっていますので、2年毎に施工すれば綺麗な状態を保てそうです。

で、お試しセットが楽天で買えます。個人の場合はお試しセットで用は足りると思いますのでお試し下さい。

ヘッドライト専用プロテクションフィルム

コチラはコーティングとは違って、ヘッドライトにフィルムを貼り付け保護するタイプ。様々な商品があるので迷ってしまいます。新車の時、あるいは綺麗な状態の時に貼り付けをしていくと、劣化した時は張り替えるだけで元通りキレイになるのでおすすめです。

ヘッドライトを磨く作業を省くことも出来ます。糊残りのしないタイプのプロテクションフィルムも在るようなので、更に楽ちんです。

例えばコチラの商品

車検の事を考えるとクリアのフィルムになります。ライトグレーぐらいなら大丈夫かと。

塗装と違い剥がせば良いよいう考え方もできますが。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする