保安基準改正ではみ出しタイヤ(はみたいや)の車検基準が変わったぞwww

引用:http://www.automesseweb.jp/2016/09/18/10813/01-62

はみ出しタイヤについて

まぁ、ご存知でしょうが、フェンダーからタイヤがはみ出してしまっていることです。これは問題ないと思います。

フェンダーからタイヤがはみ出していると車検に通らないのでオーバーフェンダーを取り付けたりしてましたよね?

オーバーフェンダーも簡易的な取付の場合車検に通らない、固定的な方法で取り付けると車幅が構造変更が必要など面倒です

車検の時にノーマルタイヤとかスタッドレスタイヤに履き替えるなどしていましたよね?

そんなあなたに朗報です

はみ出しタイヤがオッケイになりました!

どこまではみ出してもよい?

はみ出しタイヤがOKと言っても、もちろん何でもありではありません。基準が甘くなったということです。

具体的には1センチまでOK!

はみ出しを判断する範囲は以前のままなので、単純に「ん〜はみ出てるかなー」っていうのは大丈夫です。

ただ、引張タイヤみたいな場合はアウト!下の引用部分を読んでいただければわかるようにタイヤとなる部分に限定されています

いつから

平成29年6月22日以降、自動車の製作された日を問わず適用されます

■回転部分の突出禁止規定
自動車が直進姿勢をとった場合において、車軸中心を含む鉛直面と車軸中心を通りそれぞれ前方30°及び後方50°に交わる2平面によりはさまれる走行装置の回転部分(タイヤ、ホイール・ステップ、ホイール・キャップ等)は当該部分の直上の車体(フェンダ等)より車両の外側方向に突出していないこと。
この場合において、専ら乗用の用に供する自動車(乗車定員10人以上の自動車、二輪自動車、側車付二輪自動車、三輪自動車、カタピラ及びそりを有する軽自動車並びに被牽引自動車を除く。)であって、車軸中心を含む鉛直面と車軸中心を通りそれぞれ前方30°及び後方50°に交わる2平面によりはさまれる範囲の最外側がタイヤとなる部分については、外側方向への突出量が10mm未満の場合には「外側方向に突出していないもの」とみなす。

※尚、軽自動車の① 「回転部分の突出禁止規定の見直し」は、乗用のみ同様の扱いとなります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする