タイヤのひび割れと車検について

車検をお願いするときにタイヤの溝は多くの方が気になるところだと思います。タイヤの溝にはスリップサインという車検に通るか通らないのかをだれでも判断できる場所があります。

スリップサインで判断出来るのですが、タイヤの方の部分だけ溝がなくスリップサインの場所はまだ大丈夫という場合に車検に通ると思っている方もいます。

厳密にはアウトです。

スリップサインは決まったところにしかありません。目安でしかありません。スリップサインだけがタイヤについて、車検の時に確認、判断するものではありません。トレッド面全周にわたって確認します。

で、今回はタイヤのひび割れについてですね。

タイヤのひび割れについては保安基準でどれぐらいの深さとか長さだとかの判断基準は在りません。検査員の判断によるところが大きいです。

個人的にはぱっと見でサイドウォールにひび割れが確認できるようであれば交換をしていただくようお願いします。「よく見るとひび割れがあるな」というような状態のタイヤだと「早めに交換してくださいね」と促します。

次はタイヤの溝の部分に大きなひび割れがある場合です。これは交換していただかないと車検に通すことは在りません。非常に危険な状態になっていることが想像できます。

内部の構造体に損傷が及んでいる可能性が大きいのです。

この場合、いつバーストしてもおかしくない状態ですので、見た目だけで判断することは危険を伴います。

バーストということで少し思い出したことがあります。あなたにはあまり関係がないかもしれませんが、ダブルタイヤの大型車でパンクしていることに気づかず走行していた場合で、見た目には普通に使えそうな場合があります。

大型の車のパンクは基本、ホイールから取り外して内部の確認が必要です。少しでもしわがあるようであれば再使用は出来ません。外見大丈夫そうだなということでエアの充填中に爆発する事故が結構起きていると聞いています。

少しだけ大型車を取り扱っている場合は気を付けましょう。

で、タイヤの大きめのひび割れは、はっきり言うと寿命です。タイヤ代をケチって事故やトラブルを引き起こすことの方が色々と出費がかさみます。けが人が出ないとも限りません。

唯一路面と接しているタイヤをケチると痛い目に会うリスクが膨らみます。

それでも我慢しないといけない場合は十分気を付けてください。

● 参考 ●

タイヤの構造と名称| タイヤの基礎知識| ダンロップ

キズ|タイヤの点検|ダンロップ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする